仮性包茎 治療方法

仮性包茎ってなに?

仮性包茎の治療方法とは?

仮性包茎の治療方法には、手術や治療器具、薬等、色々な方法があります。

そもそも仮性包茎は普段亀頭部が皮に覆われていても、勃起時には露呈しますから性交渉等では問題がなく、手術する場合には保険適用外です。

 

真性包茎のように皮がめくれなかったり、カントン包茎のように亀頭部が締められるようなリスクがあるものではなく、コンプレックスがあるかどうかで仮性包茎の手術を行うかどうか決める事になりがちです。

 

軽度のものなら治療器具で治せる可能性もあり、下着や器具装着しておくだけで亀頭部を常に露呈させて、成長を促す方法があったり、ペニス増大に効果的な薬やサプリを使う事で、仮性が治る可能性もあります。

 

ペニスのサイズがアップする事で皮余りが無くなって、そのおかげで仮性の余った部分が減ったり、露呈し続けたりと効果を得られる可能性も高いです。

 

もちろんクリニックでの手術が最も確実に結果が出る治療方法ですが、コスト面や手術リスクもありますから、カウンセリングを受けて十分に考慮して、治療方法を決める事が望ましいと言えます。

 

 

タグ :

仮性包茎

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る